This article originally appeared in English on our blog. Read this article in English from here.

Who we are?

Headstart Network Foundation (以下“Headstart”)は、起業家精神とスタートアップを支援する、インドで最も歴史があり、かつ国内最大規模のスタートアップエコシステム開発団体です。2008年の設立からの11年間、「起業家精神で世界を変える」というビジョンのもと、様々な活動を続けてきました。

わたしたちは非営利組織(Non-Profit Organization, NPO)であり、組織の活動のほぼ全てがボランティアによって運営されています。ボランティアのメンバーは、起業家、起業を志している人々、スタートアップや起業家の熱狂的なサポーターたちで構成されており、世界に変化をもたらす存在となることを熱望し、日々献身的に活動に取り組んでいます。

 

2020年8月現在、インド国内23都市に拠点を構え、200人以上のボランティアが活動しています。2つの海外支部(フィンランド・ヘルシンキとドイツ・ベルリン)も立ち上げています。

Headstartはインド全土のスタートアップエコシステムに支部を持っている

 

 

2008年の設立以来、Headstartは多くの活動を通じて、インド国内および世界各地で、スタートアップエコシステムの発展・強化に貢献してきました。

これまでにサポートしてきたスタートアップは15,000社以上にのぼります。サポートの例としては、スタートアップが生み出すプロダクト、サービスの展開、それらに対するフィードバックの獲得などです。また、アーリーステージのスタートアップにとって、人的ネットワークは非常に重要になりますが、私たちは、Co-Founder、カスタマー、ベンダー、メンター、投資家、スタートアップで働く優秀な人材など、数万人の人々を繋げてきました。

私たちは、今後もインドの他都市への展開も計画しており、グローバルなスタートアップコミュニティの架け橋となることに、コミットしていきます。


Why startup ecosystem development?

大多数のスタートアップは、創業してから約半年以内に閉業してしまいます。多くのケースで、アーリーステージの起業家のためのリソース・サポート体制の不足がこの背景となっています。

私たちは、インド全土での様々な活動を通じて、このようなアーリーステージの起業家(主に創業~6ヶ月から2年以内のスタートアップ)を支える、スタートアップエコシステムを創っています。

例えば、”スタートアップ”という言葉自体がまだ広く認知されていなかった2007年、私たちは”Startup Saturday”という活動を立ち上げました。この活動の目的としては、当時、スタートアップの創業者の多くがそれぞれ同じような困難を抱えており、過去に同じ課題を抱え、それらを乗り越えてきた起業経験者たちを呼び、アーリーステージのスタートアップが、彼らから学び、メンターシップを受ける機会を提供するためのものでした。また、Startup Satudayでは、スタートアップが彼らのプロダクト、サービスに対するフィードバックを得たり、多くの人々とネットワークを構築するプラットフォームでもありました。このネットワークは、ステートアップにとって、新規顧客、投資家、優秀な人材、共同創業者、メディア関係者、サービス提供者とのつながり構築にも発展しました。Startup Satudayでデモを行ったスタートアップは、今日、40万人以上の雇用を創出し、インド経済に3600億ルピー(約48億USD、約5200億円)もの経済的インパクトをもたらしました。

Headstartがサポートしたスタートアップの多くが、今日インドを代表する企業になっています。Flipkart(インドのトップeコマース)、Fusionchats(データ可視化B2Bソフトウェア)などのスタートアップは、Startup Saturdayで初めて公開デモを行いました。

私たちは、スタートアップ、そしてアントレプレナーシップこそが、インド発展のための重要かつ不可欠なエンジンであり、雇用を創出し、インド経済に多大な貢献をもたらすものであると強く信じています。


What we do?- Headstartの活動

Headstartは、多くの活動を通じて、インドのスタートアップエコシステムを創っています。現在、インド全土で15以上の活動を推進しています。以下のプログラムは、Headstartが取り組んでいる活動の一部です。

スタートアップコミュニティに広く開かれた活動にするため、多くのプログラムには無料で参加することができます。(一部参加費が必要なプログラムもあります。)

 

  • Incubator Consulting- インド国内のインキュベーター(アクセラレータプログラムや他のスタートアップ支援団体等)へのコンサルティングを行い、世界トップクラスのインキュベーションプログラムの運営、他のスタートアップエコシステムとのスムーズな連携ができるよう、サポートをしています。
  •  Startup Saturday – Headstartの代表的な活動の一つです。インドの複数の都市で、特定のテーマに基づいて、起業家や起業志望者とのミートアップを毎月開催しています。通常、テーマ(産業動向や資金調達、マーケティング等)にフォーカスしたエキスパートの講演会、パネルディスカッション、スタートアップのピッチ、プロダクトのデモなどを行っています。

Startup Saturdayでのセッションの様子

 

2020年7月にオンライン開催されたStartup Saturdayでは、インドEdTech業界をテーマにウェビナーを開催。 COVID-19によるロックダウン下で、急成長するEdTechスタートアップ各社からスピーカーを招き、最新の動向等が語られた。

 

 

  •  Kickstart – 事前審査を経て選出されたスタートアップ企業が、インドを代表するVC、投資家のパネルの前でピッチを行う、一般非公開のピッチセッションです。
  • Headstart Jobs – スタートアップの人材採用のためのプログラム。Speed Dating形式で、素晴らしいスタートアップと優秀な人材を採用マッチングを行っています。
  • WE – WE(Women Entrepreneur)は、インドの女性起業家を対象に、リソース、ガイダンス、メンターシップを通じてサポートするプログラムです。女性起業家限定のセッションの実施にとどまらず、より多くの女性起業家がスタートアップエコシステムに参画し、彼女たちが主役スタートアップコミュニティの主役になることを目的としています。
  • Cohort Mentor - 共通の課題を抱えるスタートアップのグループを対象に、その分野の専門家である経験豊富メンターが、メンターシップセッションを行うプログラム

この他にも、プロダクト、マーケティング、資金調達、ファイナンス等について、課題やニーズを持つスタートアップに対し、サポートとなる人や組織の紹介、マーケットへの展開の機会を提供する取り組みも多数取り組んでいます。

2008年の創設以来、ほとんどのプログラムは、支部のある各都市でプログラムを行っていました。2020年に入り、COVID19の影響もあり、現在は完全にオンラインでのイベント運営に移行しています。オンラインに移行したことで、わざわざ物理的な移動を要さずとも、インド国内の都市、そして世界各地をまたいだ、エコシステムネットワークの構築を加速させています。

オンラインイベントには、毎回インド全土の都市、そして海外から起業家が参加し、ウェビナーやネットワーキングが活発に行われている。


What is our uniqueness and advantages?

  1. Local & Nation-wide network:インド各都市に有するネットワーク
    私たちは、インド全土の主要大都市、および中規模都市(Tier2, Tier3)を含む、23都市に支部を構え、都市内、都市間で強力なネットワークを構築しています。各支部は、それぞれの地域のスタートアップ・エコシステムの成熟度と課題を理解し、地域内のスタートアップやパートナーと密接に連携して、地域に特化した課題に取り組んでいます。一方で、インド全土に根を張る組織である優位性を生かし、各支部間での密な連携と相互サポートを実現しています。各支部は、この幅広いネットワークを活用して、地元のスタートアップやコミュニティと、インド全土にいる人、リソースとの架け橋となっています。 私たちのコアチームは、国レベルの政府機関やグローバル企業など、多種多様なパートナーと連携強化を行っています。つまり、各都市でローカルなコンテキストに沿った、地域内スタートアップ・コミュニティの発展を可能にする一方で、国家レベルでのより大きなネットワークにアクセスする機会を創出しているのです。
  2. Mission Driven:ミッションドリブン
    Headstartはボランティア主体の組織です。私たちのプログラムは、スタートアップ、起業家精神を通じて世界を変えることにコミットした、熱心なボランティア一人ひとりによって推進されています。
    私たちは、HeadstartのVisionにフォーカスして、様々な取り組みを行い、私たちと目標を共にする組織とパートナーシップを組んでいます。Headstartのボランティアは、製品・事業開発、デザイン、VC、マーケティング、テックなど、多様な分野におけるプロフェッショナルです。この多様性のあるバックグラウンドによって、「アントレプレナーシップで世界を変える」という私たちのビジョンに向けて、インパクトのある、クリエイティブで、多種多様なプログラムを推進しています。
  3. Recognition:インドスタートアップコミュニティからの信頼・貢献
    Headstartは、これまでの12年間、スタートアップコミュニティに提供してきた功績と貢献、そしてボランティア一人ひとりの姿勢のクオリティの高さから、たくさんのスタートアップや、スタートアップエコシステムのプレイヤーから高い評価を受けてきました。私たちのプログラムに参加することは、スタートアップにとっては、彼らの成長に影響力のある人々や組織とつながる絶好の機会であり、プログラムに協力するスピーカー、メンター、パートナー団体にとっては、光栄なことである、という評価を頂いております。

Our Partnership


数多くのスタートアップ企業にくわえ、Headstartはスタートアップエコシステムを構成する主要な組織(国、都市レベル)とパートナーシップを結んでいます。協力関係にあるパートナー組織の例には、Niti Aayog(旧国家計画委員会)、Atal Innovation Mission(インド政府のイニシアティブ)、インド各州政府、グローバル企業(IBM、SAP、Intuit、Microsoft)が挙げられます。
私たちは、これらのパートナー組織と協力して、スタートアップや起業家をサポートして、彼らが成長できる環境を作ることを目指しています。


Join our community!!


是非ともHeadstartのコミュニティに参加し、インドのスタートアップエコシステムを盛り上げていきましょう!そしてインドからグローバルレベルのスタートアップエコシステムを一緒に創っていきませんか?
Headstartが開催しているプログラムへの参加、SNSでのフォローをお待ちしています。
世界の未来を変える起業家たちに会いましょう!

 

Contributed by

Kaede Nagashima, Volunteer, Headstart Bangalore